歯周病の原因と歯周病治療で解消できる症状について

歯周病という言葉を耳にしたことはありますか。


近年は歯周病になる方が増加しており、口臭の原因が歯周病の場合もあります。



まず、歯周病になる原因について説明します。


歯が不衛生な状態が続くと歯と歯ぐきの間に食べカスなどの歯垢がたまります。

歯垢には細菌が繁殖しており歯と歯ぐきの周辺では炎症がおこります。
そして、炎症が進むと歯と歯ぐきの間にはすきまができるようになります。これは、歯周ポケットと呼ばれるもので、このすきまにドンドン歯垢がたまり細菌が更に繁殖していきます。すると歯ぐきが腫れた状態になり膿や血が出るようになり口臭として臭うようになります。

歯垢が固くなると歯石になります。

歯石になると歯磨きでは取り除くことはできません。


歯周病治療をせずに放置すると細菌が歯を溶かしてしまい最後には歯がグラグラして抜けてしまいます。

ここからは歯周病治療について説明します。

歯科医院では、歯周ポケットの深さを測って歯周病がどの程度進行しているか調べます。歯周病治療としては、歯石を取り除いて炎症を抑える方法がとられます。

All Aboutに関する問題解決をサポートいたします。

歯垢を取り除く時はチクチクした痛みがありますが、麻酔を使うことで解消できます。

近年では、レーザーで歯周病治療を行う歯科医院も増えています。
治療方法については医師と相談して受けるようにしましょう。

魅力の高い歯周病治療についての情報はこちらです。

喫煙や糖尿病等の病気は、歯周病を悪化させる原因となりますので注意しましょう。

また、治療せずに放置すると歯周病の菌が体中に入り込み、妊娠中の胎児や心臓の病気、糖尿病を発症する場合がありますので、早期に治療することをお勧めします。