歯周病治療では何をするか

大人はもちろん、子供も歯周病にかかっている率が8割を超えるというデーターがあります。歯周病とは、歯肉炎と歯周炎のふたつを合わせた言い方で、歯そのものの病気ではなく、歯の周りに起きる病気のことです。



具体的には、歯茎が腫れたり、歯を支えている顎の骨が吸収してなくなってしまうことです。
歯周病治療は、歯周病の原因となる汚れを取り除くことが重要になります。

プラークというやわらかい汚れは歯ブラシで除去できるので、自宅での歯磨きも立派な歯周病治療のひとつです。
歯ブラシだけで取り去ることができない場合は、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってきれいにします。

歯周病治療情報ならこちらのサイトです。

歯科医院では、歯ブラシで歯取ることのできない固くなった歯石の除去を行います。
歯周病治療の大切な治療ですが、ついている量が多いと、全てをきれいにするまでに何度か通う必要が出てきます。
歯についている歯石はもちろん、目には見えない、歯茎の中に入っている歯石も取っていきます。

こうすることで、歯茎の炎症を抑えて腫れを改善し、骨が吸収しないようにしていきます。

歯周病がひどいと、何もしなくても歯茎から膿がでるようなこともありますが、基本的な地長は同じです。

マイナビニュースの有益な情報をお届けします。

歯周病は、歯に問題がなくても静かに進んでいき、やがて歯を支える骨がなくなって抜けてしまうと言う恐ろしい病気です。


初期には痛みがないために、気づかないうちに進行してくのが特徴ですが、歯磨きの時に血が出るようなら歯茎が腫れていることが分かります。