歯周病治療と歯垢について

歯周病は、歯周病を引き起こす細菌が、歯茎や骨に感染し、発症します。
この細菌は常に口の中に存在しますが、免疫力によって増殖、感染を抑えております。

しかし、歯垢が多い状態だと、細菌の餌となり、増殖し、歯周病を引き起こす毒素を出すことで、歯茎が腫れたり出血したり、膿を出すようになります。

歯周病治療のホームページをチェックしましょう。

進行すると歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病治療の最初は、口の中の検査から始めます。

歯と歯茎の境目の歯周ポケットの状態や、清掃状態、噛合せの状態、歯ぎしりの有無や全身疾患などを調べて分析します。

歯周病治療のためには、まず、歯ブラシで歯垢を除去する必要があります。

こまめに取り除き、細菌が増えないようにするため、歯医者で歯垢や歯石除去を行ってもらい、歯磨きの指導をしてもらうのが一般的です。

nanapiをさらに詳しく調べてみませんか。

歯石除去をしたあと治り具合を見る際に、歯周ポケットが深い場合には、歯周組織再生誘導法という歯周組織を再生させる部分の歯茎の下に特殊な膜を入れる治療を行います。



歯周病治療の一連の処理が終わったあと、歯周病が進行しないことを確認したあと、メンテナンスを行います。
定期的に歯石の除去や噛合せの調整を行うことになります。

歯周病治療は、病院で処置をしてもらったからといって終わることはありません。

歯周病が再発しないため、毎日の歯磨きと、歯医者での定期的な健診を行うことが、歯周病にならないようにするためにはとても大切なことなので、普段から心がけることが大切です。